European School of Veterinary Postgraduate Studies(ESVPS)

ESVPSは、志を同じくする獣医師グループにより2003年に設立された非営利団体です。
ESVPSは多忙な獣医師が日々の臨床に支障をきたすことなく、達成できる、バランスの取れた資格を提供しています。
2003年の設立以来2.500人もの獣医師がGPCertを取得しています。

GPCertを取得するには、専門医である講師によって体系的に構築されたプログラムを終了し、最終試験に合格する必要があります。
受講者は自由時間に学習し、コースワークを終えることができます。コース受講中は講師による学習のアドバイスを受けることができます。
この認定証を取得することにより、受講生のスキルはさらに熟達します。それは受講生の臨床への自信へつながり、日々の臨床でこれらのスキルを発揮することによって、より価値の高い診療を施すことができます。多くの獣医師はGPCertの取得を足がかりに、より高いレベルの教育を受けたり、また別のコースのGPCertを取得しています。

GPCertの基準はヨーロッパ中で一貫しており、この認定証を取得した獣医師は、どこで試験を受けようと高い知識と技術を備えているとみなされ、ヨーロッパでは高く評価されます。
ESVPSのアカデミック理事会がコースの内容や、GPCert取得に至るまでのコースの他の面においても、それらのクオリティへの責任を負っています。これは、Improve Internationalのコース内容はESVPSにより正式に認可を受けたものであり、彼らの基準を満たしているということです。GPCert取得試験は、ESVPSの責任において行われます。

GPCert取得試験の受験は任意です。受験される方は、受験費用として別途¥100.000必要です。