General Practitioner Certificate Programs(GPCertプログラム)

GPCertは、ESVPSが認定している大学院過程修了のレベルを満たしていることを証明する認定証です。GPCertは、世界で唯一の標準化された認定証であり、イギリスが起源で今日では19ヵ国で提供され、大学院過程を修了した一定の基準として広く認定されています。GPCertはヨーロッパで最も普及している認定証であり、先進的なヨーロッパの獣医師にとっては標準的なレベルであるという基準となりつつあります。

GPCertを取得した獣医師は、どこでそのコースを修了したかに関わらず、ヨーロッパにおける高いレベルの獣医学を習得したという承認が得られます。GPCertを取得したことによって高いキャリアを築くことができた獣医師もいます。

Improve Internationalのトレーニングプログラムは、こういった資格を取得したいという受講生をサポートするようにデザインされています。受講生は、ハイレベルな専門医によるテストに基づいた講義や実習に参加し、テストを受けます。受講生はまた、プログラムを終了するために、自身の自由時間にさらなる課題を消化し、学習します。

この認定証を取得することにより、受講生はさらなるスキルを熟達することになります。日々の診療でこれらのスキルを用いることにより、臨床の質と価値を高めることができます。

ESVPSの認証基準は、全ての国で一致しており、ESVPSの認証を得た者は、ヨーロッパ全土において高い基準を満たしたと承認されます。ESVPSの認証は、年々人気が上昇しており、獣医師の間では取得するに値する資格として、認識されています。

ESVPS





ESVPS

 
 

GPCertプログラムの目的


この試験の目的は、獣医師が獣医学の分野において良質な基準を満たしているということを、実証するためです。 2004年以来2,000人以上の獣医師がこのGPCertを取得しています。

このトレーニングプログラムは、受講生が日々の臨床に支障を来たさないように終了し、試験に合格できるようにプログラムされています。
プログラムは、講師による講義と実習、e-learningによる「ブレンド学習」です。個々のモジュールは、講義の復習、臨床ケース・ディスカッション、および実習を体験できるワークショップで構成されています。 GPCertのテストは、全体で平均300から600時間の学習による内容から出問されます。

現在ESVPSは、24の様々な分野の一般開業医修了証を提示しています。24すべての分野の詳細に関しては、 www.esvps.orgへアクセスしてください。このGPCertプログラムは、獣医師のみご登録いただけます。

 

GPCertを取得することによる評価について

 

この試験の目的は、獣医師が獣医学の分野において良質な基準を満たしているということを、実証するためです。2004年以来2,000人以上の獣医師がこのGPCertを取得しています。

GPCertを取得するには、受講生は授業の80%に出席しなければなりません。たびたび行われる認識度試験に合格する必要があり、最終試験に合格しなければなりません。

コース全体の評価プロセスは、モジュールを受ける前と後の自己評価と、ESVPSによって定められているフォーマットに沿ってケースレポートを提出することです。

クラスに参加することに加えて、1モジュール毎に、10時間~15時間の自主学習が必要です。学習の一貫として、コース内容に沿った推薦文献を紹介します。

最終試験を受験するためには、12ヶ月以上~24ヶ月のコースの授業を完了しなければなりません。

審査や評価プロセスは、質問事項、コース中における評価、自己評価と最終試験に基づいています。すべての評価は、日本語です。試験は日本で行われます。

 

クオリティー・コントロール

 

ESVPSのアカデミック理事会がコース内容や、GPCertに至るコースの他の面においても、それらの質の責任を負っています。それは、コース内容は正式認可を受けたコース、評価過程を管理するという基準を満たしているということです。試験は、ESVPSの責任において行われます。