動物看護士-リハビリテーションコース-

尼崎市 - Running

動物看護士-リハビリテーションコース-

VTCert (PhyTech) Vet Technician Programme in Physiotherapy


イントロダクション

Improve Internationalの動物看護師リハビリテーションコースでは、動物看護分野における理学療法とリハビリテーションの基礎とアプローチ、実践について、ESVPS監修によって世界標準の多岐にわたるプログラムが企画されています。このプログラムの履修によって臨床現場においてリハビリテーションを適切に行うことができるようになります。

プログラム

このプログラムは動物看護師のリハビリテーションについて、8回の実習と講義を行う1年間のコースです。このコースはESVPS(European School of Veterinary Post graduate Studies)により監修されており、コース終了後は世界標準レベルのコースの履修証明書VTCert (Vet Technicians Certificate)、動物看護師認定証を得るための受験資格が得られます。

プログラムに含まれるもの

昼食(特別なアレルギーをお持ちの方は事前にお知らせ下さい)コーヒーブレイク



コース詳細

施設
尼崎市

  開始日
Running

モジュール
8

期間
56h

} スケジュール
9:00-17:00

受講者
24



このコースはISVPSによって認可されており、コース修了後にはVeterinary Technician Certificateを取得試験への受験者資格を得ることが出来ます。

もっと見る

i
01 - 理学療法の序論。機能解剖学
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 理学療法とリハビリテーションの原則を明確にする。 • リハビリテーション・チームというものを理解し、リハビリテーションのプロセスの一部として理学療法を実施する際の動物看護師の役割を知る。 • 体の主要な解剖学的ランドマークを認識し位置を特定することを学ぶ。 • 異なる関節の種類とそれらの動きを見分ける。 • 体軸と四肢の骨格における主要な筋肉群を識別して位置を特定し、それらの機能を定義する。 • 前十字靭帯の臨床的意義を認識する。 • 確実に患者と飼い主の協力を得るために、患者に対する良好で穏やかな接し方が重要であることを認識し、それを実行できる。


Speaker: Tadashi Sano (DVM PhD)
i
02 - 応用生理学。治癒の生理学。運動の生理学。
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 異なるタイプの炎症を認識&列挙し、それらを的確に分類する臨床的意義を認識する。 • 各組織の異なる治癒期間を認識する – 筋肉vs腱vs軟骨。また、治療アプローチにおいてそれが意味することを理解し、その上で組織の治癒を早めたり遅らせたりする要素を見分けることができる。 • 組織を不動可する意義と、早期に再可動化する重要性を認識する。 • 学んだ情報の解釈の仕方を学び、どのようにリハビリテーション・プランに関連づけるかを考えるようにする。 • 異なる種類の筋繊維が存在し、それらが異なる運動能力に関連していることを認識する。 • 有酸素運動と無酸素運動の主な生理学的な違いを列挙する。 • 筋肉の構造を理解する。


Speaker: Tadashi Sano (DVM PhD)
i
03 - 発痛点と索状硬結。疼痛の生理学。神経学的&筋骨格系検査 – パートI
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 発痛点と索状硬結の意味を理解する;これらの特定の重要性と治療目標を認識する;これらの病態で影響を受ける筋肉を識別する。 • 存在する神経線維の種類と、それらの神経線維と疼痛管理との関連を認識する。 • 異なる種類の疼痛を、原因や部位、期間によって分類する。 • 疼痛、疼痛刺激の受容・伝達・変調・認識の定義を理解する。 • 姿勢、歩調、トロットとギャロップを検査し評価する;これらの鑑定の重要性を認識する。 • 痛みや跛行の分類や数値化のために疼痛スケールをどのように使うかを知る。


Speaker: Cátia Mota e Sá (DVM CCRP Dipl. Quiropráctica Animal)
i
04 - 神経学的&筋骨格系検査 – パートII
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 関節の不安定性と疼痛の検知のために、様々な身体検査から必要なものを判断する。 • 関節可動域測定(goniometry)の意味と臨床的意義を認識する。 • 危険な兆候や健康状態の悪化に気付き、必要に応じ獣医師に診察を依頼する。 • 疼痛反応を評価するのに役立つボディー・ランゲージの重要性を認識する。 • 術前理学療法の重要性と、いつ実施するのが適しているかについて考えるようにする。 • 飼い主に聞くべき質問を含め、理学療法前精査を実施することができる。 • 検査過程で得た結果を統合して判断するようにする。


Speaker: Cátia Mota e Sá (DVM CCRP Dipl. Quiropráctica Animal)
i
05 - 理学リハビリテーションテクニック I
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 一般的な物理リハビリテーションテクニックを実施することの重要性、全体的な目的、保安規則、動物倫理的な観点を認識する。 • 冷却療法、温熱療法、マッサージ、他動運動療法などのリハビリテーションテクニックの生理学的原則、治療適応症、禁忌と特有の注意事項を並べ、理解する。 • 異なる種類のマッサージテクニックと、それら特有の治療適応症を認識する。 • ストレッチと関節モビライゼーションとの違いを認識し、それぞれの治療適応症と注意事項の違いを理解する。 • マッサージにおけるリンパ系の重要性を認識し、主要なリンパ節の位置を特定できる。


Speaker: Tadashi Sano (DVM PhD)
i
06 - 理学リハビリテーションテクニック II
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 異なる種類の陸上の自動運動療法を列挙し、それぞれの種類の運動の主な治療目的にも触れる。 • それぞれの運動療法を導入するタイミングの重要性と、関連して起こりうる禁忌を認識する。 • 異なる種類の歩行補助器具を認識する。 • 動物の物理リハビリテーションにおいて重要な手段である水治療法を可能にしている水の物理的原則を挙げる。 • プールと水中トレッドミルのそれぞれの水治療法の重要な違いを認識する。


Speaker: Tadashi Sano (DVM PhD)
i
07 - 理学リハビリテーションテクニック III - 水治療法
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 超音波の熱的効果と非熱的効果との違いを認識する。 • 超音波の物理的原則、中でも利益となるものを列挙する。 • 超音波を使用する主な適応症、禁忌、注意事項を挙げる。 • 周波数、強度、速度、パルス、持続時間、治療域にも触れた、超音波プロトコール(適切なパラメーター化を含む)の確立方法を理解する。 • 電流療法で電流を流す際の物理原則、適応症、特有の注意事項を挙げる。 • 経皮的電気神経刺激(TENS)と神経筋電気刺激(NMES)の違いを認識する。 • 体外衝撃波治療(ESWT)やパルス電磁界療法、レーザー治療を特徴付ける物理的原則を認識する。 • 衝撃波やレーザー、パルス電磁界治療の適応症、禁忌、特有の注意事項を列挙する。


Speaker: Kristen Hagler (BS(An.Phys) RVT VTS (Physical Rehabilitation-OC) CCRP CVPP COCM CBW)
i
08 - よくある病態。術後アプローチ。変形性関節症と腫瘍患者の管理
Running | 兵庫県

このモジュール終了後、受講生は以下のことが達成できるようになること: • 異なる病態に関連する主な問題を認識する – 脊椎外傷; 整形手術後;変形性関節症、腫瘍、寝たきり患者 • 関連する合併症について学び、それらの予防法を知る。 • それぞれの病態における治療目標を認識する。 • 理学療法プランを構成し、治療が確実に安全かつ効果的に実施されるようにする。 • 確実に継続的な改善が得られるように患者の評価と運動プランの変更していくことの重要性を認識する。


Speaker: Kristen Hagler (BS(An.Phys) RVT VTS (Physical Rehabilitation-OC) CCRP CVPP COCM CBW)


他のコースを探す





このコースはISVPSによって認可されており、コース修了後にはVeterinary Technician Certificateを取得試験への受験者資格を得ることが出来ます。

もっと見る

受講料


一般価格
  • 合計受講料 -> ¥375,000
  • 分割払い -> ¥103,125 + ¥103,125 x 3 ヶ月 *

会員価格(WAHA会員の方のみ選択可能)
  • 合計受講料 -> ¥357,143
  • 分割払い -> ¥98,214 + ¥98,214 x 3 ヶ月 *

* 予約を確定するためには、登録時に最初の分割払いをお支払いください。2回目以降のお支払いは、銀行引き落としとさせていただきます。

支払い条件

1. ご入金(分割払いの方は第1回目の入金)を確認後、お席を確保させていただきます。

2. 分割払いによるすべてのお支払いは、コースが修了するまでにお済ませください。

3. 支払い方法について分割払いをご選択される場合は、手数料として10%が上乗せされます。


留意事項

1. お申込は先着順で受付いたします。

2. お席の確保は受講料の入金確認後となりますので、なるべくお早めにご入金ください。

3. Improve Internationalは、すべてのコースにおいて最大24名までの少人数制を取り入れています。コースの受講希望者数が最大遂行可能人数に達しました場合は受付を先着順とさせていただきます。

4. コースへのご予約を受理後、Improve International JAPANより受講申請受付通知をご登録のメールアドレスへお送りさせていただきます。



他のコースを探す





このコースはISVPSによって認可されており、コース修了後にはVeterinary Technician Certificateを取得試験への受験者資格を得ることが出来ます。

もっと見る