fbpx

ライブラリ

こちらのページでは獣医学に関する最新記事をご覧頂けます。

Facebookもお見逃しなく。最新コラム月2回更新中!!→https://www.facebook.com/ImproveInternationalJP

チーター、Acinonyx jubatus、獲物を追いかける際の回転能力とペースのバランスをとる

捕食者が獲物を追跡する際に採用する戦略の科学的理解は、まだ非常に限られています。技術の進歩により、動きを測定してデータを収集できるさまざまなセンサーの開発が可能になりました。これは、狩猟戦略の文書化に使用できます。 この研究では、チーターの Acinonyx jubatus の動きから収集されたデータを使用して、チーターの狩猟戦略を研究しました。チーターは、生理学的および解剖学的に獲物を簡単に追い越すように適応しており、通常、疲れ果てたり過熱した場合にのみ追跡に失敗します。獲物は、この場合、方向転換 … See more >

獣医師たちのストレスと負担:スコーピングレビュー

医療従事者は様々な種類の仕事のストレス要因にさらされている。仕事の不平等、あらかじめする準備への圧力、シフト勤務、制御不能の感覚、職場での低い社会的支援および残業はこれらのストレス因子の例に過ぎない。これらの条件は長い勤務時間が労働者の死亡率を20%増加させるなど、専門職の幸福と健康に影響を与える可能性がある。鬱病、不安障害および認知症など、心理的影響も一般的である。獣医専門職は医療従事者と匹敵する条件で働いている。 獣医領域では前途のストレス要因に加えて、我々は勤務スケジュールの変更、金銭面の問題 … See more >

定期的な正の強化訓練は馬において接触を求める行動を増加させる

馬はしばしば負の強化に基づいて訓練される。しかしながら、最近、正の強化がますます人気になりつつある。 正の強化で訓練された馬は、負の強化で訓練された馬と比較して、より少ないストレス関連行動および回避行動を示し、より楽天的な感情を示すいくつかの証拠がある。 正の強化はまた、なじみのない人に対する馬の代表の接触を求める行動が増加するため、馬と人の間の関係性が改善することを示唆する。 この研究分野はいまだほとんど研究されておらず、人に対する馬の認識、その感情状態およびストレスレベルに関する正の強化訓練補給 … See more >

食道および胃の骨異物

骨異物は小動物獣医診療においてよく遭遇する緊急事態である。それらに対処するために臨床医が選ぶ方法はその位置だけでなく、その素材にも依存する。 骨食道異物(E-bFBs)および骨胃異物(G-bFBs)を伴う犬の医療記録を用いた回顧的研究で最近の論文が発表された。その目的はこれらの動物に対する管理と予後を述べることであった。 食道に引っかかった異物は差し迫った/緊急の介入を必要とする一方で、胃の異物に対する明確なガイドラインは存在しない。 この研究では、E-bFBsを伴う全ての動物は内視鏡による除去を受 … See more >

犬における感染性心内膜炎の診断のための血清心筋トロポニンⅠ濃度の評価

感染性心内膜炎(IE)は心臓の弁の少なくとも一つあるいは心腔の心内膜面の炎症を引き起こす微生物感染である。 生前確定診断はしばしば困難であり、修正Duke基準の充足に依存する。それにもかかわらず、小基準が主に全身症状および非特異的症状であるという事実のように、これらの基準におけるいくつかの避けられない制限が存在する。 心筋トロポニンⅠの循環血清濃度(cTnl)は心筋壊死および炎症の症例においてしばしば増加する。この上昇はIEを伴う人において一般的であり、これらの人では異常なcTnl濃度はより悪い予後 … See more >

骨関節炎を伴う犬及び猫における緑イ貝、クルクミンおよびクロフサスグリ葉エキスを含む栄養的サプリメントの有効性

猫と犬における最も一般的な整形外科的所見の一つは骨関節炎(OA)であり、5歳齢以降の犬における90%の推定有病率を伴う。これはペットの生活の質に影響を与える慢性的で進行性の病態である。環境における調整、体重減少、特定の運動、理学療法および疼痛管理を含む、進行を遅らせ、疼痛を管理する治療のみでの治癒はない。 疼痛管理に関しては、非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)が最も一般的であるが、長期にわたる投与に関連する副作用の犠牲を払っている。軟骨の破壊を軽減し、修復を増加させる代替治療選択肢は獣医学におい … See more >

熱中症の病態生理学を再考する

熱中症は高い深部体温により引き起こされる、極めて致命的な症候群である。これは暑い環境への暴露中に、あるいは熱ストレス下での激しい運動中に熱を放散することが出来ないことによって特徴付けられる。 それは何度も記述されており、2017年にBruchim、HorowitzおよびArochはこの症候群の病態生理学を再考する記事を書いた。 この記事で言及されているいくつかの重要な考慮事項の要約は以下のとおりである。 素因: • 世界的な気候および天候のパターン(例、熱波) • 重い体重あるいは肥満 • 好発品種 … See more >

犬の病因不明の髄膜脳炎のバイオマーカーとしてのニューロフィラメント軽鎖

ニューロフィラメント(Nfs)は、軸索で高度に発現するニューロン特異的タンパク質です。軸索損傷が発生すると、Nfsは脳脊髄液(CSF)と血流に放出されます。 CSFおよび血液中のニューロフィラメント軽鎖(NfL)濃度は、神経軸索損傷を反映することが最近示されており、ヒトの疾患進行の潜在的なバイオマーカーとなる可能性があります。 獣医学における中枢神経系(CNS)バイオマーカーを用いた研究はほとんどありません。測定が容易で、コスト効率が高いことが重要です。 NfLは、CSFおよび血清中で濃度を簡単に測 … See more >

馬パルボウイルス肝炎

1918年、タイラー病は、馬の生物学的製剤の投与後、南アフリカの馬のグループで最初に報告されました。この疾患は、急性肝壊死と劇症肝不全を特徴としています。通常、これらのイベントは、血漿、破傷風抗毒素、ボツリヌス中毒症、同種幹細胞などの生物学的ウマ物質の投与に関連しています。また、生物学的製剤を投与されなかった馬や、他の影響を受けた動物と接触した馬でも報告されています。 長い間、Theiler病に関連する特定の薬剤はありませんでしたが、2018年に、この状態に冒された馬の血清と肝臓でウマパルボウイルス … See more >

急性誤嚥性肺炎の犬における抗菌薬の中止

誤嚥性肺炎(AP)は、獣医診療における細菌性肺炎の通常の原因です。現在、互換性のある既往歴、臨床症状、および画像に基づいて診断されています。 APの犬における最適な抗生物質治療期間に関するエビデンスはありません。フォローアップにおける胸部X線検査と肺超音波検査の役割は犬では十分に報告されていません。また、細菌性肺炎のモニタリング因子としてのC反応性タンパク質(CRP)の使用は、APで有用であることが証明される可能性があります。 この前向き観察研究では、臨床的回復とCRPの正常化に依存して抗菌薬の中断 … See more >

慢性下痢が唯一の臨床症状であった猫のリーシュマニア症

リーシュマニア症の猫における疫学と臨床的側面に関する情報は限定的である。しかしながら、この疾患は猫で新興感染症となっているようである。臨床症状は稀で通常は皮膚、眼の変化が認められ、内臓の罹患を含む場合と含まない場合がある。下痢は非常に稀な臨床症状であり、犬では慢性腎臓病と関連している事が多い。 この症例報告では、4週間持続していた下痢を主訴に来院した10歳の去勢雄猫について記述した。抗菌薬治療と食餌変更を行ったが改善が認められなかった。 身体検査では全身性リンパ節腫大がみられた。軽度の非再生性貧血、 … See more >

仕事上の人脈作り: どのように人脈を作り維持するか

全ての職域において専門家の人脈の影響力が大きいというのは周知の事実であり、獣医療領域でもそれは例外ではない。LinkedIn(リンクトイン)というプラットフォームで実施された研究によると転職の機会の85%はこれまでの人脈と関連している事が分かった。このような人脈を作りあげる能力は個々によって様々であり、人によってはほぼ天性の能力であったりもする一方、困難な課題となる者もいる。 人脈づくりと同様に人によって社会活動を心地よく感じない事もある。この初期の不快な感情を避ける方法の1つは、人脈づくりを課題と … See more >

犬におけるヘリコバクター様病原体と胃リンパ濾胞性過形成との関連

胃リンパ濾胞性過形成(GLFH)は胃粘膜内のリンパ小節とリンパ濾胞の形成が特徴的である。これはヒトではHelicobacter pylori.によるリンパ系組織への能動的刺激を示している。この細菌の存在によって胃炎、胃潰瘍と十二指腸潰瘍、低グレードリンパ腫の発症が高リスクとなる。 GLFHとヘリコバクター様病原体(HLOs)との関連や臨床症状の有無は犬では研究されていない。この後ろ向き研究ではGLFHに関連した疫学、臨床症状、内視鏡所見、組織学的所見、HLOsとの関連を評価した。 GLFH集団の中で … See more >

猫糖尿病治療のための超長時間型インスリン製剤

糖尿病(DM)は猫によくみられる内分泌疾患であり、その治療は1日1〜2回のインスリン皮下注射と、食事内容の変更によるところが大きい。大半の罹患猫が生涯にわたる治療を必要とする。 ヒトでは、どのような薬剤であれ投与頻度の増加によって治療プロトコール不遵守が増加することが知られている。飼っている動物に注射を打たなくてはならない飼い主にも、同じような問題が起こると考えられる。 1日2回の注射と給餌スケジュールの遵守が必要とされることは、飼い主と猫のQOLに大きな影響を与える。この種の治療は、他者に自分の猫 … See more >

反芻動物とラクダのイレウスに対するリドカイン持続定量点滴治療の回顧的研究

イレウスは反芻動物では報告の少ない病態であり、あっても多くの場合外科術後に発生するため、この動物種では消化管運動に影響を与える薬剤について言及した報告はきわめて少ない。リドカインは、獣医療では局所麻酔薬としてだけでなく抗不整脈薬、抗炎症薬、運動促進薬としてよく用いられる。例えばウマ科動物では、術後イレウス(POI)の治療に投与される一般的な薬剤である。今回の回顧的研究は、反芻類とラクダに対するリドカインの持続定量点滴(CRI)投与について、予後と有害作用の可能性を検討したものである。投与量および投与 … See more >

Page 1 of 7